‌ ‌ ‌ ‌

不動産買取業者に売却するメリットは?買取業者選びのポイントも解説

家の売却は不動産会社に依頼することが一般的です。
しかし「買取」や「仲介」を専門に扱う不動産会社は数多く存在するので、どこに依頼すればいいか迷うこともあるでしょう。

この記事では、買取を行う不動産会社について解説します。
買取のメリット・デメリットのほか、不動産会社の選び方のポイントも説明しているので、ぜひ参考にしてください。

遠鉄の不動産・浜松北ブロック長 影山 裕紀(かげやま ひろき)


宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、3級ファイナンシャル・プランニング技能士、ITパスポート

不動産買取業者とは?

不動産の売却には「買取」と「仲介」があります。
売主から物件を直接買い取ることを「買取」といい、不動産の買取を専門に行う会社を「不動産買取業者」といいます。

買取では、不動産会社が「買主」になります。
不動産会社は物件を購入した後、リフォームして売却したり、賃貸物件として貸し出したりして利益を得ます。

不動産買取業者と不動産仲介業者の違い

売主に代わって物件の買主を探すことを「仲介」といい、不動産の仲介業務を専門とする会社が「不動産仲介業者」です。
物件情報を不動産ポータルサイトへ掲載したり、チラシや広告を出したりして販売活動を行います。

仲介の場合、不動産仲介業者は売主と買主の間を取り持ちます。
そして取引価格ごとに決められた仲介手数料が、仲介会社の利益になります。

不動産買取業者に売却するメリット

買取での売却には、次のメリットがあります。

すぐに売却できる

買取の大きなメリットとして「売却スピードの速さ」があげられます。
仲介で売買するときは、不動産会社が買主を探すための広告・販売期間が必要です。
一方買取では、不動産会社が買主となるため販売活動は行いません。

売主が査定額に合意すればすぐに契約できて、短期間で売却可能です。
売却がスピーディーだと、今後の資金計画も立てやすいでしょう。

契約不適合責任が免除されることも

買取では、売主の契約不適合責任が免除されるケースもあります。
契約不適合責任とは、物件を引き渡してから一定期間内に起きた不動産の欠陥や不具合について、契約の内容に適合していなかった場合に補償することです。

物件の買主が「個人」の場合、売主は買主に対して契約不適合責任を負う義務があります。
しかし不動産仲介業者が買主となるケースでは、物件の瑕疵を把握した上での取引となるため、契約不適合責任は免除されるケースが多いでしょう。

仲介手数料が不要

仲介の不動産会社に不動産売却を依頼すると手数料がかかります。
これがいわゆる「仲介手数料」と呼ばれるものです。

仲介手数料は上限額が定められており、例えば3,000万円で家を売却した際の仲介手数料は、約105万円(消費税込み)です。

一方、不動産会社が売主から直接買うとき、仲介手数料は一切かかりません。

内覧への対応が不要

買取では不動産会社が販売活動をするため、基本的に第三者への内覧対応は不要です。
不動産会社が物件を見る以外に、他人が家に出入りすることはありません。

仲介だと、購入希望者ごとに内覧への対応が求められます。
他人に入居中の家の中を見られることは、人によってはストレスに感じるでしょう。

事件・事故物件でも売却しやすい

個人が買主となる仲介では、古い物件や自殺や他殺、孤独死などが起きた、いわゆる「事件・事故物件」の多くは売却が難しいでしょう。

買取ならそうした物件でも、仲介と比べると売却できる可能性が高くなります。

プライバシーが守られる

仲介ではチラシを配ったり物件サイトへ掲載したりと、仲介の不動産会社はさまざまな広告媒体を通じて売り込みを行います。

一方、買取ではこのような活動を行いません。
そのため、周囲に家を売ることを知られにくいメリットがあります。

不動産買取業者に売却するデメリット

続いては、買取のデメリットについて見ていきましょう。

売却価格が安くなる

買取の一番のデメリットは、相場よりも売却価格が安くなることです。
不動産会社は、物件に付加価値を与えた上で再販することを前提に買取を行います。

物件のリフォームやリノベーションの費用を考慮して価格を設定するため、市場価格よりも2~3割安くなります。

買取が難しい場合も

建築基準法に定める接道要件を満たしていない物件や、擁壁が老朽化している物件は買取されにくい可能性があります。
このような「再建築が不可能な物件」は、買い取っても再販が難しいと判断されるためです。

不動産買取業者を選ぶときのポイント

不動産取引は高額となるため、売却に失敗すると大きな損害になります。
ここでは、買取専門の不動産会社選びのポイントについて説明します。

複数の不動産買取業者に見積もりを依頼する

物件の査定額は、不動産会社によって異なります。
必ず複数の不動産会社に見積もりを依頼しましょう。

不動産会社は家を査定するとき、売却不動産と「似たような物件」を探して情報を収集します。
しかし不動産会社や営業担当者によっては、参考にする取引事例が異なるケースもあるでしょう。
そうすると、同じ物件でも査定額に違いが生じることもあります。

不動産買取の実績をチェック

過去の買取実績は、会社のホームページで確認できます。
買取件数や直近の売却金額のほか、ユーザーの口コミや評価欄、売却したい物件と似たような取引事例の有無なども合わせてチェックしましょう。

スムーズな売却のためには、会社の得意分野を知ることも大切です。
以下に挙げる条件のいずれか、もしくは両方を満たしていれば、買取を依頼したい不動産会社として検討してもよいでしょう。

  • 戸建て(もしくはマンション)に強い
  • 特定のエリアに強いなど

営業担当者との相性も重要

営業担当者は、すべての取引において「窓口」となる存在です。
そのため、担当者との相性は重要なポイントのひとつです。

営業担当者を選ぶ上で、豊富な知識や十分な実務経験を有していることは大切です。
しかし質問に対するレスポンスの遅さなど、営業担当者に何らかの不安を感じてしまうと、今後の取引もストレスを抱えたまま進むことになります。

担当者との相性に問題を感じたら、担当者もしくは不動産会社の変更を検討してもよいでしょう。

まとめ

不動産会社が買主となって、売主より直接物件を購入することを「買取」といいます。
買取のメリット・デメリットをまとめると、次の通りです。

【買取のメリット】

  • スピーディーに売却できる
  • 契約不適合責任が免除される
  • 仲介手数料がかからない
  • 内覧対応が不要
  • 事件・事故物件でも売却しやすい
  • 他人に知られず売却できる

【買取のデメリット】

  • 売却価格が相場より2~3割安くなる
  • 物件によっては買取できないケースもある

不動産の売却は、依頼する会社を選ぶところから始まっています。
複数の不動産会社に見積もりを依頼し、買取実績や口コミなどを確認したうえで、信頼できる不動産会社に依頼しましょう。

遠鉄の不動産では、不動産の買取を強化中です。無料買取査定はこちらから!

売りたい人も買いたい人も
▼遠鉄の不動産へお問合せください▼